高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
おおだいがはら
大台ケ原
奈良県吉野郡
2011年4月30日
大台ヶ原山(日出ヶ岳)おおだいがはらやま(ひでがたけ)(1695.1m)一等三角点
2011年 4月30日
駐車場の奥にあるビジターセンター。
駐車場の奥にあるビジターセンター。
その脇から散策路に入る。
その脇から散策路に入る。
ところが入ってすぐの大台荘横のこの分岐を日出ヶ岳方面ではない方に進んでしまった。
ところが入ってすぐの大台荘横のこの分岐を日出ヶ岳方面ではない方に進んでしまった。
大台ケ原のササの植生を眺め
大台ケ原のササの植生を眺め
地形図には沢を渡ることにはなってないのに…とか思いながらも更に進み
地形図には沢を渡ることにはなってないのに…とか思いながらも更に進み
コケを愛でて歩いていくと
コケを愛でて歩いていくと
尾鷲辻まで0.4kmの標識が!
尾鷲辻まで0.4kmの標識が!
戻ろうかとも思ったけれどせっかくなんで尾鷲辻まで行き
戻ろうかとも思ったけれどせっかくなんで尾鷲辻まで行き
日出ヶ岳へ登ってもう一度尾鷲辻を通り、大蛇ぐらへ行くことにした。
日出ヶ岳へ登ってもう一度尾鷲辻を通り、大蛇ぐらへ行くことにした。
大台ケ原は日本一の降水量を記録したと聞いていたので鬱蒼とした森を想像していたのだが
大台ケ原は日本一の降水量を記録したと聞いていたので鬱蒼とした森を想像していたのだが
正木ヶ原の辺りは森は死んでしまったかのような有様。
正木ヶ原の辺りは森は死んでしまったかのような有様。
それも運命なのかと思いつつ
それも運命なのかと思いつつ
日出ヶ岳へと伸びる長い木の階段を登り
日出ヶ岳へと伸びる長い木の階段を登り
時々熊野灘に和まされ
時々熊野灘に和まされ
大峰山に勇気をもらい
大峰山に勇気をもらい
ようやく日出ヶ岳の山頂にたどり着いた。
ようやく日出ヶ岳の山頂にたどり着いた。
山頂には一等三角点。
山頂には一等三角点。
山頂は広い。
山頂は広い。
富士山が見えることもあるらしいが今日は絶対ムリ!
富士山が見えることもあるらしいが今日は絶対ムリ!
しばし休憩をとって後、また尾鷲辻を目指すが正直テンションは↓
しばし休憩をとって後、また尾鷲辻を目指すが正直テンションは↓
でも基本下りなんで割と楽に戻ってこられた。
でも基本下りなんで割と楽に戻ってこられた。
しばらく行くと視界がパッと開けた。
しばらく行くと視界がパッと開けた。
神武天皇の像がある
神武天皇の像がある
ここは牛石ヶ原だ。
ここは牛石ヶ原だ。
その先に大蛇ぐらへの分岐があり、しばらく道を下っていくと
その先に大蛇ぐらへの分岐があり、しばらく道を下っていくと
ここが大蛇ぐら。
ここが大蛇ぐら。
下を覗き込むとこんな感じ。足がすくむ…
下を覗き込むとこんな感じ。足がすくむ…
修行として足をロープで縛られてここから吊り下げられている映像を見たことがあるが私は御免だ。
修行として足をロープで縛られてここから吊り下げられている映像を見たことがあるが私は御免だ。
でも眺めはサイコー!西大台方面の中ノ滝も見える。
でも眺めはサイコー!西大台方面の中ノ滝も見える。
昨日登った弥山、八経ヶ岳をはじめとする大峰連山も。
昨日登った弥山、八経ヶ岳をはじめとする大峰連山も。
帰りはシャクナゲが咲けば綺麗なんだろうなとか想像しながら
帰りはシャクナゲが咲けば綺麗なんだろうなとか想像しながら
シオカラ谷まで下りて
シオカラ谷まで下りて
吊橋を渡りまた急な石段と格闘。
吊橋を渡りまた急な石段と格闘。
最後の登りはいつも辛い…大台山の家が見えてきた。
最後の登りはいつも辛い…大台山の家が見えてきた。
ここまで来れば後は道はまっすぐ駐車場へ。
ここまで来れば後は道はまっすぐ駐車場へ。
いつのまにか広い駐車場が車で埋め尽くされている。
いつのまにか広い駐車場が車で埋め尽くされている。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.