高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
めあかんだけ
雌阿寒岳
北海道釧路市、足寄町
2012年7月22日
雌阿寒岳めあかんだけ(1499m)三角点なし
2012年 7月22日
この日のベースはオンネトー温泉。
この日のベースはオンネトー温泉。
その近くに雌阿寒温泉コースの登山口がある。
その近くに雌阿寒温泉コースの登山口がある。
初めはアカエゾマツの樹林帯をゆっくりと進む。こんなので山頂に着くのかやや心配…
初めはアカエゾマツの樹林帯をゆっくりと進む。こんなので山頂に着くのかやや心配…
三合目の標柱。自分がどのあたりにいるかはとても分かりやすい。
三合目の標柱。自分がどのあたりにいるかはとても分かりやすい。
この辺りからハイマツ帯に変わり、空が開け、山頂部も見えてくる。
この辺りからハイマツ帯に変わり、空が開け、山頂部も見えてくる。
かろうじて花が残るイソツツジ。
かろうじて花が残るイソツツジ。
ハイマツのトンネルを抜けると
ハイマツのトンネルを抜けると
突然、火山らしくなってきた。
突然、火山らしくなってきた。
足元には初めて見るイワブクロ。
足元には初めて見るイワブクロ。
展望も良くなってきた。
展望も良くなってきた。
だんだん溶岩っぽくなってきた。
だんだん溶岩っぽくなってきた。
眼下にはオンネトー。子供のころここへは旅行で来たことがあるけれどまさか登山で再びやってくるとは…
眼下にはオンネトー。子供のころここへは旅行で来たことがあるけれどまさか登山で再びやってくるとは…
メアカンキンバイ。
メアカンキンバイ。
メアカンフスマ。
メアカンフスマ。
広々とした原野が広がっているのを見て、北海道を感じる。奥には大雪山系。
広々とした原野が広がっているのを見て、北海道を感じる。奥には大雪山系。
九合目からはいよいよ火口の周りを歩く。
九合目からはいよいよ火口の周りを歩く。
うわっ、すごっ!この山、生きてる!!
うわっ、すごっ!この山、生きてる!!
阿寒湖方面。
阿寒湖方面。
遂に雌阿寒岳山頂に到着。
遂に雌阿寒岳山頂に到着。
阿寒湖と雄阿寒岳。その後ろには昨日登った斜里岳も。
阿寒湖と雄阿寒岳。その後ろには昨日登った斜里岳も。
帰りはオンネトーコースを下る。
帰りはオンネトーコースを下る。
青沼の奥に阿寒富士が姿を現す。
青沼の奥に阿寒富士が姿を現す。
火山礫の道は滑りやすく歩きにくい。
火山礫の道は滑りやすく歩きにくい。
目の前に阿寒富士が見えてきた。
目の前に阿寒富士が見えてきた。
ん?ちょっと待って!もしかして…
ん?ちょっと待って!もしかして…
コマクサだ!初めて見るコマクサに一人大興奮!!
コマクサだ!初めて見るコマクサに一人大興奮!!
イワブクロの大群落。
イワブクロの大群落。
阿寒富士さん、元気でね。<br>     <TR>
阿寒富士さん、元気でね。
オンネトーが近くなってきた。オンネトーはとってもきれいな湖です。
オンネトーが近くなってきた。オンネトーはとってもきれいな湖です。
気が付くとアカエゾマツの林の中にいた。
気が付くとアカエゾマツの林の中にいた。
ハクサンシャクナゲ。北海道でも『白山』の名のつく花がみられるなんて、なんかすごくない?!
ハクサンシャクナゲ。北海道でも『白山』の名のつく花がみられるなんて、なんかすごくない?!
ゴゼンタチバナだって『御前ヶ峰』から名づけられてるし、白山はやっぱり郷土の誇りです。
ゴゼンタチバナだって『御前ヶ峰』から名づけられてるし、白山はやっぱり郷土の誇りです。
少しずつ高度を下げて
少しずつ高度を下げて
やがて綺麗な沢が現れると
やがて綺麗な沢が現れると
登山口に着きます。
登山口に着きます。
翌日、富良野のファーム富田でのおまけの一枚。ラベンダーが真っ盛りでした。
翌日、富良野のファーム富田でのおまけの一枚。ラベンダーが真っ盛りでした。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.