高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
くらかけやま
鞍掛山
石川県小松市
2013年4月2日
鞍掛山くらかけやまま(477.7m)三等三角点
2013年 4月 2日
春に出会いたくて鞍掛山に出かけた。平日だというのにさすがに人気の山だ。
春に出会いたくて鞍掛山に出かけた。平日だというのにさすがに人気の山だ。
今日はお目当ての花を見るために、西ノ谷登山道を上り、行者岩登山道を下りる。
今日はお目当ての花を見るために、西ノ谷登山道を上り、行者岩登山道を下りる。
さぁ出発。
さぁ出発。
すぐに西ノ谷と中ノ谷登山道の分岐がある。帰りは中ノ谷方面から戻ってくる。
すぐに西ノ谷と中ノ谷登山道の分岐がある。帰りは中ノ谷方面から戻ってくる。
早速、キンキマメザクラがお出迎え。
早速、キンキマメザクラがお出迎え。
この小さな橋を渡り、山頂を目指す。まっすぐ行くと北電新道からとのお新道につながっているはずだ。
この小さな橋を渡り、山頂を目指す。まっすぐ行くと北電新道からとのお新道につながっているはずだ。
橋を渡るとまずは白のキクザキイチゲ。
橋を渡るとまずは白のキクザキイチゲ。
そしてこれがうわさのヒュウガミズキ。
そしてこれがうわさのヒュウガミズキ。
葉が細長いのでマキノスミレあたりかな。
葉が細長いのでマキノスミレあたりかな。
咲き始めのタムシバは真っ白でキレイだ。
咲き始めのタムシバは真っ白でキレイだ。
出てくる花々が気になってなかなか前に進まない。
出てくる花々が気になってなかなか前に進まない。
頂上まで1.2km、遠くはないのだが問題はこの先どんな誘惑が出てくるか…
頂上まで1.2km、遠くはないのだが問題はこの先どんな誘惑が出てくるか…
樹間から三童子山が見えている。
樹間から三童子山が見えている。
舟見平に到着。ここでちょっと休憩。
舟見平に到着。ここでちょっと休憩。
真正面に鞍掛の山頂が。
真正面に鞍掛の山頂が。
小松ドームの白い屋根も見えてきた。さぁ長居は禁物。
小松ドームの白い屋根も見えてきた。さぁ長居は禁物。
マルバマンサク。
マルバマンサク。
サカキにも花が咲いている。やっぱり春っていいな。
サカキにも花が咲いている。やっぱり春っていいな。
ヤブツバキのつぼみ。
ヤブツバキのつぼみ。
いつもはあんまり気に止まらないタムシバが今日はやけに気になる。
いつもはあんまり気に止まらないタムシバが今日はやけに気になる。
同じくショウジョウバカマも。どの花も咲き初めなのか色が綺麗だからだろう。
同じくショウジョウバカマも。どの花も咲き初めなのか色が綺麗だからだろう。
思いがけないプレゼントはギフチョウ。「写して!」と言わんばかりに近くへ来ては止まる。しばし撮影会。
思いがけないプレゼントはギフチョウ。「写して!」と言わんばかりに近くへ来ては止まる。しばし撮影会。
ギフチョウに別れを告げてこのコースのクライマックスの岩場(と言っても決して危険ではありません)に。
ギフチョウに別れを告げてこのコースのクライマックスの岩場(と言っても決して危険ではありません)に。
後山。せっかくだから帰りにちょっと寄ってみようかな。
後山。せっかくだから帰りにちょっと寄ってみようかな。
残り300m。もうひとふん張り。
残り300m。もうひとふん張り。
鞍掛山の山頂に到着!あれ?誰もいない。
鞍掛山の山頂に到着!あれ?誰もいない。
三角点の近景。最近、県内の三角点はこうやって赤くペイントされている…
三角点の近景。最近、県内の三角点はこうやって赤くペイントされている…
誰かとしゃべりながらのお昼を期待していたけれど、白山独り占めランチタイムもいいか。
誰かとしゃべりながらのお昼を期待していたけれど、白山独り占めランチタイムもいいか。
今度はヒオドシチョウ。ギフチョウがやってくると威嚇してる。このチョウは成虫のまま冬を越すらしい。
今度はヒオドシチョウ。ギフチョウがやってくると威嚇してる。このチョウは成虫のまま冬を越すらしい。
山頂のサクラは満開♪下で見かけたキンキマメザクラとは種類が違う。
山頂のサクラは満開♪下で見かけたキンキマメザクラとは種類が違う。
春霞の奥にどっしりと構える白山。
春霞の奥にどっしりと構える白山。
笈ヶ岳・奈良岳。
笈ヶ岳・奈良岳。
大日山。
大日山。
富士写ヶ岳。
富士写ヶ岳。
正面奥が柴山潟。
正面奥が柴山潟。
小松ドームの右には木場潟。
小松ドームの右には木場潟。
お腹はいっぱい、思い出もいっぱいにするために後山と獅子岩に寄ってから帰ろうっと。
お腹はいっぱい、思い出もいっぱいにするために後山と獅子岩に寄ってから帰ろうっと。
避難小屋のあたりで頂上から人の声が聞こえてきた。みんな違うルートからだったんだ。
避難小屋のあたりで頂上から人の声が聞こえてきた。みんな違うルートからだったんだ。
小屋を過ぎてしばらく行くと後山・獅子岩への分岐がある。
小屋を過ぎてしばらく行くと後山・獅子岩への分岐がある。
ちょっと登れば後山の頂上。
ちょっと登れば後山の頂上。
後山を少し下ると獅子岩。
後山を少し下ると獅子岩。
大峰山の大蛇ぐらを思い出させるようなスリリングな場所。
大峰山の大蛇ぐらを思い出させるようなスリリングな場所。
でもここから眺める白山はまた格別。
でもここから眺める白山はまた格別。
後山に戻り、鞍掛山頂を望む。
後山に戻り、鞍掛山頂を望む。
ここからも広がる加賀平野が見られる。
ここからも広がる加賀平野が見られる。
避難小屋まで戻り、帰りは中谷散策道(行者岩登山道)へ。予習によればここで念願の紫のキクザキイチゲに出会えるはず…
避難小屋まで戻り、帰りは中谷散策道(行者岩登山道)へ。予習によればここで念願の紫のキクザキイチゲに出会えるはず…
西ノ谷登山道では1本しか気が付かなかったヒュウガミズキもこのルートでは何本も確認できた。
西ノ谷登山道では1本しか気が付かなかったヒュウガミズキもこのルートでは何本も確認できた。
タチツボスミレはまさに今が盛りと言わんばかりに咲き乱れている。
タチツボスミレはまさに今が盛りと言わんばかりに咲き乱れている。
突然、目の前に巨岩が。これが行者岩だな。
突然、目の前に巨岩が。これが行者岩だな。
行者岩の下には鞍掛山千手観音が祀られている。
行者岩の下には鞍掛山千手観音が祀られている。
その奥には仙人滝。涸れることがある、と何かで読んだが、雪解けのこの時期にこの水量じゃ…
その奥には仙人滝。涸れることがある、と何かで読んだが、雪解けのこの時期にこの水量じゃ…
ひときわ黄色が目立つケアブラチャンの花。
ひときわ黄色が目立つケアブラチャンの花。
行者岩を見上げてみたが、でか過ぎてファインダーに収まりきらない↓
行者岩を見上げてみたが、でか過ぎてファインダーに収まりきらない↓
沢まで下りてきた。この沢、すでに涸れている…と思って足元を見ると
沢まで下りてきた。この沢、すでに涸れている…と思って足元を見ると
遂に紫色のキクザキイチゲを発見!
遂に紫色のキクザキイチゲを発見!
もう、ここからはいわゆる『牛歩』状態。
もう、ここからはいわゆる『牛歩』状態。
現れる個体を1つずつ記念撮影するような感じになってしまう。
現れる個体を1つずつ記念撮影するような感じになってしまう。
ちょっとどきっとするキブシの花。
ちょっとどきっとするキブシの花。
ダメダメ、と思いながらもついついシャッターを切り続ける。
ダメダメ、と思いながらもついついシャッターを切り続ける。
ミヤマカタバミも。
ミヤマカタバミも。
同じ種でもそれぞれ少しずつ違っていて
同じ種でもそれぞれ少しずつ違っていて
まるで人間の顔のよう。
まるで人間の顔のよう。
アオキ。
アオキ。
何度見ても飽きない紫のキクザキイチゲ。
何度見ても飽きない紫のキクザキイチゲ。
炭焼き釜跡。
炭焼き釜跡。
西ノ谷との分岐まで戻ってきてあることに気が付いた。
西ノ谷との分岐まで戻ってきてあることに気が付いた。
中ノ谷への入口にキクザキイチゲ、いっぱい咲いている!行きには全く気が付かなかった…
中ノ谷への入口にキクザキイチゲ、いっぱい咲いている!行きには全く気が付かなかった…
ほら、こんなにたくさん。
ほら、こんなにたくさん。
その傍らに中谷滝という標識があったので下りてみた。
その傍らに中谷滝という標識があったので下りてみた。
上のほうで涸れかけていた沢もここまでくると勢いよく流れている。
上のほうで涸れかけていた沢もここまでくると勢いよく流れている。
それにしても何度見ても飽きない。
それにしても何度見ても飽きない。
帰り道、滝ヶ原から鞍掛山を振り返って。まもなく満開を迎えるソメイヨシノと一緒に。
帰り道、滝ヶ原から鞍掛山を振り返って。まもなく満開を迎えるソメイヨシノと一緒に。
鞍掛山で出会った花たち 1
鞍掛山で出会った花たち 1
鞍掛山で出会った花たち 2
鞍掛山で出会った花たち 2
鞍掛山で出会った花たち 3
鞍掛山で出会った花たち 3
鞍掛山で出会った花たち 4
鞍掛山で出会った花たち 4
鞍掛山で出会った花たち 5
鞍掛山で出会った花たち 5
鞍掛山で出会った花たち 6
鞍掛山で出会った花たち 6
鞍掛山で出会った花たち 7
鞍掛山で出会った花たち 7
鞍掛山で出会った花たち 8
鞍掛山で出会った花たち 8
鞍掛山で出会った花たち 9
鞍掛山で出会った花たち 9
鞍掛山で出会った花たち 10
鞍掛山で出会った花たち 10
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.