高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
やつがたけ(あかだけ)
八ヶ岳(赤岳)
長野県茅野市、諏訪郡原村
2013年8月4日
八ヶ岳(赤岳)やつがたけ(あかだけ)(2,899.2m)一等三角点
2013年08月04日
今日は八ヶ岳の主峰、赤岳を目指す。
今日は八ヶ岳の主峰、赤岳を目指す。
昨日登った蓼科山。今朝は全景が見えている。
昨日登った蓼科山。今朝は全景が見えている。
八ヶ岳登山口と書かれた標柱。美濃戸口登山口へ。
八ヶ岳登山口と書かれた標柱。美濃戸口登山口へ。
美濃戸口にある案内板。さらに美濃戸にある赤岳山荘前まで車で行く。
美濃戸口にある案内板。さらに美濃戸にある赤岳山荘前まで車で行く。
『八ヶ岳山荘』。バスやタクシーはここまで。阿弥陀岳へのアクセスはここがいいようだ。
『八ヶ岳山荘』。バスやタクシーはここまで。阿弥陀岳へのアクセスはここがいいようだ。
美濃戸にある『やまのこ村』。ここに駐車する。すでに駐車場はいっぱい。
美濃戸にある『やまのこ村』。ここに駐車する。すでに駐車場はいっぱい。
『赤岳山荘』。
『赤岳山荘』。
この先にある『美濃戸小屋』への木橋。登山者はロープの左端から渡る。
この先にある『美濃戸小屋』への木橋。登山者はロープの左端から渡る。
そして『美濃戸小屋』。ここでおいしい水をいただいてさぁ出発です。
そして『美濃戸小屋』。ここでおいしい水をいただいてさぁ出発です。
いきなり北沢と南沢への分岐。北沢は赤岳鉱泉への道。我々は南沢へ。
いきなり北沢と南沢への分岐。北沢は赤岳鉱泉への道。我々は南沢へ。
初めはカラマツ林の中をゆったりと進む。
初めはカラマツ林の中をゆったりと進む。
まずはヤマホタルブクロ。この辺りでは珍しくない花のようだ。
まずはヤマホタルブクロ。この辺りでは珍しくない花のようだ。
仮設のような橋を渡る。
仮設のような橋を渡る。
どこの山にも砂防堰堤はつきもの。
どこの山にも砂防堰堤はつきもの。
突然現れた大きな岩。
突然現れた大きな岩。
所々に「登山道」の標識や黄色テープがあり、積雪時でなければまず迷うことはない。
所々に「登山道」の標識や黄色テープがあり、積雪時でなければまず迷うことはない。
人気の山の割には森がちゃんと残っている。まだニホンジカの影響も少ないようだ。
人気の山の割には森がちゃんと残っている。まだニホンジカの影響も少ないようだ。
『八ヶ岳』=岩稜の山というイメージがあったがひたすらゆっくりとした登りでの森歩き。
『八ヶ岳』=岩稜の山というイメージがあったがひたすらゆっくりとした登りでの森歩き。
『白河原』。目の前に八ヶ岳の峰々が見えた。
『白河原』。目の前に八ヶ岳の峰々が見えた。
苔が生き生きとしていて綺麗だ。
苔が生き生きとしていて綺麗だ。
赤岳が随分近くなった。
赤岳が随分近くなった。
ほどなく『行者小屋』に到着。山頂で泊まった人たちでごったがえしていた。
ほどなく『行者小屋』に到着。山頂で泊まった人たちでごったがえしていた。
小屋の中も人でいっぱい。
小屋の中も人でいっぱい。
「ビール冷えてます」心惹かれるけれど、今から大事な仕事があるんで…
「ビール冷えてます」心惹かれるけれど、今から大事な仕事があるんで…
あれは『赤岳展望荘』かな?
あれは『赤岳展望荘』かな?
「地蔵尾根」と「文三郎尾根」のどちらを行こうか考えた挙句後者を選択。これがまた急登。
「地蔵尾根」と「文三郎尾根」のどちらを行こうか考えた挙句後者を選択。これがまた急登。
タカネニガナ。
タカネニガナ。
ガレ場は勾配も急なので滑りやすい。
ガレ場は勾配も急なので滑りやすい。
窮屈そうに咲くミヤマダイコンソウ。
窮屈そうに咲くミヤマダイコンソウ。
いつも登る医王山のトンビ岩に似てるね。名づけて『赤岳トンビ』。
いつも登る医王山のトンビ岩に似てるね。名づけて『赤岳トンビ』。
急登は辛いけど、標高が稼げるので嫌いじゃない。
急登は辛いけど、標高が稼げるので嫌いじゃない。
シャクナゲが辛うじて残っていた。
シャクナゲが辛うじて残っていた。
おや?これは…
おや?これは…
階段がマムート仕様だ。
階段がマムート仕様だ。
中岳への分岐までやってきた。快調快調!ここから赤岳方面へ。
中岳への分岐までやってきた。快調快調!ここから赤岳方面へ。
ミヤマコゴメグサ。
ミヤマコゴメグサ。
時々ガスの切れ間から赤岳がちらっと見え隠れ。ん?足元のピンクのこれは…
時々ガスの切れ間から赤岳がちらっと見え隠れ。ん?足元のピンクのこれは…
コマクサ!八ヶ岳の代名詞ともいえる高山植物の女王。
コマクサ!八ヶ岳の代名詞ともいえる高山植物の女王。
ホソバツメクサ。
ホソバツメクサ。
ムカゴトラノオ・チシマギキョウ・ミヤマダイコンソウ。
ムカゴトラノオ・チシマギキョウ・ミヤマダイコンソウ。
キレット小屋との分岐。左のほうを登っていきます。
キレット小屋との分岐。左のほうを登っていきます。
切り立ってはいないのできっちり3点支持で登れば特に問題なし。
切り立ってはいないのできっちり3点支持で登れば特に問題なし。
ここでも主役はミヤマダイコンソウ。
ここでも主役はミヤマダイコンソウ。
イブキジャコウソウとタカネニガナ。
イブキジャコウソウとタカネニガナ。
八ヶ岳には魅力的なルートがいっぱい。
八ヶ岳には魅力的なルートがいっぱい。
そしてついに山頂が。
そしてついに山頂が。
赤岳山頂!
赤岳山頂!
もちろん山頂には祠が祀られてます。
もちろん山頂には祠が祀られてます。
そして一等三角点。
そして一等三角点。
山頂の先には『赤岳山頂小屋』。
山頂の先には『赤岳山頂小屋』。
チシマギキョウ。
チシマギキョウ。
これもミヤマゼンコっぽい。
これもミヤマゼンコっぽい。
鉄板で覆われた『赤岳山頂小屋』。
鉄板で覆われた『赤岳山頂小屋』。
ここでお昼をとる人も多い。
ここでお昼をとる人も多い。
ここにはミレのロゴ。なんかおしゃれ…
ここにはミレのロゴ。なんかおしゃれ…
中にはいろんなものが…ストーブもある。
中にはいろんなものが…ストーブもある。
持って行った図鑑に「イブキジャコウソウはよい香りがする」とあったので試してみる…なるほど…
持って行った図鑑に「イブキジャコウソウはよい香りがする」とあったので試してみる…なるほど…
タカネツメクサ。
タカネツメクサ。
花は終わっているがイワベンケイ(雄花)。
花は終わっているがイワベンケイ(雄花)。
イワベンケイ(雌花)。
イワベンケイ(雌花)。
キレット小屋との分岐まで戻ってきた。
キレット小屋との分岐まで戻ってきた。
なかなか楽しい山頂だったな。
なかなか楽しい山頂だったな。
風を避けて咲く花もある…人間世界に似ているね。
風を避けて咲く花もある…人間世界に似ているね。
中岳とその奥に阿弥陀岳。
中岳とその奥に阿弥陀岳。
眼下に『行者小屋』が見えている。
眼下に『行者小屋』が見えている。
下り始めると段々とガスが切れてきた。
下り始めると段々とガスが切れてきた。
傾斜が緩くなると
傾斜が緩くなると
『行者小屋』のテン場はすぐそこ。
『行者小屋』のテン場はすぐそこ。
雲の切れ間から青空も顔を出した。
雲の切れ間から青空も顔を出した。
『行者小屋』から少し下ったところにヘリポートがあった。
『行者小屋』から少し下ったところにヘリポートがあった。
南沢の流れが心地よい。
南沢の流れが心地よい。
上りでは気が付かなかったがキバナノヤマオダマキ。
上りでは気が付かなかったがキバナノヤマオダマキ。
順調に戻ってきた。
順調に戻ってきた。
駐車場にもマムートと書かれている。提携してるのかな。
駐車場にもマムートと書かれている。提携してるのかな。
朝、美濃戸登山口へ向かう途中から。左から蓼科山〜北八ヶ岳(横岳・根石岳・天狗岳など)〜南八ヶ岳(硫黄岳・阿弥陀岳・中岳・赤岳など)
朝、美濃戸登山口へ向かう途中から。左から蓼科山〜北八ヶ岳(横岳・根石岳・天狗岳など)〜南八ヶ岳(硫黄岳・阿弥陀岳・中岳・赤岳など)
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.