高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
こぶしがたけ
甲武信ヶ岳
山梨県(甲州)、埼玉県(武州)、長野県(信州)
2013年11月3日
甲武信ヶ岳こぶしがたけ(2,475m)
2013年11月3日
高原野菜で有名な川上村の毛木平からスタート。
高原野菜で有名な川上村の毛木平からスタート。
毛木平の駐車場はすでに満杯。
毛木平の駐車場はすでに満杯。
初めはカラマツの黄色い林の中をゆっくりと進む。
初めはカラマツの黄色い林の中をゆっくりと進む。
十文字峠との分岐。今日は千曲川の源流を遡るコース。
十文字峠との分岐。今日は千曲川の源流を遡るコース。
これから先は『千曲川源流に至る』の看板が旅のお供です。
これから先は『千曲川源流に至る』の看板が旅のお供です。
それにしてもカラマツの黄葉は見事だ。
それにしてもカラマツの黄葉は見事だ。
しばらくで大山祗神社に着く。今日の登山の無事を願う。
しばらくで大山祗神社に着く。今日の登山の無事を願う。
ここから千曲川の源流までは4キロ。山頂はさらに奥、ということになる。
ここから千曲川の源流までは4キロ。山頂はさらに奥、ということになる。
大きな岩に穴が空いていて風雨は十分しのげる。
大きな岩に穴が空いていて風雨は十分しのげる。
遭難者の慰霊碑。
遭難者の慰霊碑。
登山道の途中で現れるこの木はなんでしょう?
登山道の途中で現れるこの木はなんでしょう?
見事な苔。夏はもっと元気のある森が楽しめるんだろうな。
見事な苔。夏はもっと元気のある森が楽しめるんだろうな。
ナメ(滑)滝までやってきた。
ナメ(滑)滝までやってきた。
あと1.45kmって随分刻んできたなっ。
あと1.45kmって随分刻んできたなっ。
ここで初めて千曲川の反対岸に渡る。
ここで初めて千曲川の反対岸に渡る。
このあたりはコメツガが見事だ。
このあたりはコメツガが見事だ。
川幅が少し細くなってきた。
川幅が少し細くなってきた。
残り0.35km…
残り0.35km…
細くなった川が更に細く細かく分裂すると
細くなった川が更に細く細かく分裂すると
千曲川の源流と書かれた標柱が現れる。千曲川は新潟県に入ると信濃川となり、日本海へ注ぐ。気の遠くなるような話だ。
千曲川の源流と書かれた標柱が現れる。千曲川は新潟県に入ると信濃川となり、日本海へ注ぐ。気の遠くなるような話だ。
そしてここが正に最初の一滴となる場所。山の中からこんこんと湧き出ている。自然ってすごいね。
そしてここが正に最初の一滴となる場所。山の中からこんこんと湧き出ている。自然ってすごいね。
お約束の「もちろん飲んでみる」です。
お約束の「もちろん飲んでみる」です。
さぁここまでまったくと言っていいほど急登がなく登ってきたが、ここからは最後のひふん頑張りどころ。
さぁここまでまったくと言っていいほど急登がなく登ってきたが、ここからは最後のひふん頑張りどころ。
木の中を縫うように高度を上げていく。
木の中を縫うように高度を上げていく。
遂に尾根に合流。期待していた眺望は…ない…っていうかこの道、金峰山まで続いてるんだ!
遂に尾根に合流。期待していた眺望は…ない…っていうかこの道、金峰山まで続いてるんだ!
しばらく行くと樹間から富士山が見えた。
しばらく行くと樹間から富士山が見えた。
山頂が見えてきた。
山頂が見えてきた。
山頂の手前はガレ場。
山頂の手前はガレ場。
あともう少し…
あともう少し…
大きな富士山が応援してくれているようだ。
大きな富士山が応援してくれているようだ。
こっちは毛無山あたりか?
こっちは毛無山あたりか?
左の突起物が付いているようなのが金峰山。その右下には瑞牆山。更に奥には甲斐駒ケ岳。
左の突起物が付いているようなのが金峰山。その右下には瑞牆山。更に奥には甲斐駒ケ岳。
山頂にある三宝山方面・西沢渓谷方面への分岐。ちなみに三宝山は埼玉県の最高峰だそうです。
山頂にある三宝山方面・西沢渓谷方面への分岐。ちなみに三宝山は埼玉県の最高峰だそうです。
甲武信ヶ岳山頂到着。ちなみに甲武信ヶ岳の名前は甲州・武州・信州の頭文字をとって付けられたようです。
甲武信ヶ岳山頂到着。ちなみに甲武信ヶ岳の名前は甲州・武州・信州の頭文字をとって付けられたようです。
山梨百名山にも数えられている。
山梨百名山にも数えられている。
西沢渓谷側へ少し行くと
西沢渓谷側へ少し行くと
富士山の絶景ポイントがありました。
富士山の絶景ポイントがありました。
西沢渓谷側からだとこんな感じで山頂となります。
西沢渓谷側からだとこんな感じで山頂となります。
帰り、もう一度ナメ滝のところで休憩。ごぉごぉ落ちる滝もいいけど何回見てもいい滝だな。
帰り、もう一度ナメ滝のところで休憩。ごぉごぉ落ちる滝もいいけど何回見てもいい滝だな。
こういう枝流が何本も集まって千曲川は少しずつ大きな流れとなっていきます。
こういう枝流が何本も集まって千曲川は少しずつ大きな流れとなっていきます。
カラマツ林からゴールの駐車場が見えてきた。
カラマツ林からゴールの駐車場が見えてきた。
朝と比べるとかなり台数が減ってますね。
朝と比べるとかなり台数が減ってますね。
山頂でのパノラマ! 白っぽい空が残念↓ しかたないかな。
山頂でのパノラマ! 白っぽい空が残念↓ しかたないかな。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.