高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
たんざわやま
丹沢山
神奈川県相模原市、山北町、清川村
2014年6月1日
丹沢山たんざわやま(1567.01m)一等三角点
2014年 6月 1日
『大菩薩嶺』下山後、再び中央道勝沼ICから相模湖ICまで。途中の国道412号から相模湖を望む。
『大菩薩嶺』下山後、再び中央道勝沼ICから相模湖ICまで。途中の国道412号から相模湖を望む。
丹沢山へは塩水橋から。道路脇に20台程度の駐車スペースがある。
丹沢山へは塩水橋から。道路脇に20台程度の駐車スペースがある。
この先林道は一般車通行止め。
この先林道は一般車通行止め。
これが『塩水橋』、ここを渡るとすぐに駐車スペースがある。
これが『塩水橋』、ここを渡るとすぐに駐車スペースがある。
ゲートを越えて塩水林道を少し行くと天王寺尾根への分岐がある。<br>(但し現在崩壊箇所があるため通行できない)
ゲートを越えて塩水林道を少し行くと天王寺尾根への分岐がある。
(但し現在崩壊箇所があるため通行できない)
よってこの瀬戸橋を渡りこのまま塩水林道を歩く。
よってこの瀬戸橋を渡りこのまま塩水林道を歩く。
1時間半、ずっとこんな感じの林道歩き。
1時間半、ずっとこんな感じの林道歩き。
嫌になってきたころようやく『堂平』の登山口に到着。
嫌になってきたころようやく『堂平』の登山口に到着。
登山道に入ると一面に広がる「テンニンソウ」。この植物はニホンジカが食べない為こんなにも増えたようだ。
登山道に入ると一面に広がる「テンニンソウ」。この植物はニホンジカが食べない為こんなにも増えたようだ。
ここはこのルートでいう一合目。
ここはこのルートでいう一合目。
堂平のブナ林を抜ける。
堂平のブナ林を抜ける。
堰堤を越えたその先も主役はやっぱり「テンニンソウ」。
堰堤を越えたその先も主役はやっぱり「テンニンソウ」。
「テンニンソウ」が少なくなった頃、登山道は九十九折の急勾配になってくる。
「テンニンソウ」が少なくなった頃、登山道は九十九折の急勾配になってくる。
ここを登りきれば天王寺尾根との合流点だろうか…
ここを登りきれば天王寺尾根との合流点だろうか…
尾根には出たが合流地点ではなかった。ガクッ…
尾根には出たが合流地点ではなかった。ガクッ…
しかしまもなく天王寺尾根との合流地点に。立ち入らないようにロープが張られている。
しかしまもなく天王寺尾根との合流地点に。立ち入らないようにロープが張られている。
まだ残り1/3ある…疲れが出てきた。
まだ残り1/3ある…疲れが出てきた。
ゆったりした道をしばらく行くと
ゆったりした道をしばらく行くと
このルートで唯一ガレている箇所が現れる。ここは慎重に通過。
このルートで唯一ガレている箇所が現れる。ここは慎重に通過。
明日登る丹沢の最高峰『蛭ケ岳』(右のピーク)が見える。
明日登る丹沢の最高峰『蛭ケ岳』(右のピーク)が見える。
我慢して登り続けると階段が2本になる。ちょっと期待していいかな?
我慢して登り続けると階段が2本になる。ちょっと期待していいかな?
遂に山頂の手前の分岐に出た。
遂に山頂の手前の分岐に出た。
歓迎してくれているかのような初めてのシロヤシオ。
歓迎してくれているかのような初めてのシロヤシオ。
丹沢山山頂に立つ『みやま山荘』。この日はシロヤシオを見に上ってきた人で満員御礼!
丹沢山山頂に立つ『みやま山荘』。この日はシロヤシオを見に上ってきた人で満員御礼!
『丹澤山』と書かれた山頂広場。
『丹澤山』と書かれた山頂広場。
丹沢山の山頂にはもちろん一等三角点。
丹沢山の山頂にはもちろん一等三角点。
こんなおしゃれな標石もある。この形は塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳かな?
こんなおしゃれな標石もある。この形は塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳かな?
夕食。鴨ローストまで出て美味しい!!茨城県からのみなさんと山談義。山小屋泊ならではの楽しみ♪
夕食。鴨ローストまで出て美味しい!!茨城県からのみなさんと山談義。山小屋泊ならではの楽しみ♪
夕食後夕焼けの空に富士山のシルエットが。明日も晴れますように。
夕食後夕焼けの空に富士山のシルエットが。明日も晴れますように。
翌朝、期待以上のお天気。まずは富士山。
翌朝、期待以上のお天気。まずは富士山。
わさび漬けに炊き込みご飯、朝食も美味しい。
わさび漬けに炊き込みご飯、朝食も美味しい。
一等三角点と富士山。
一等三角点と富士山。
これより最高峰『蛭ヶ岳』をめざします。
これより最高峰『蛭ヶ岳』をめざします。
いざ森の中へ。まずはつるべ落としと呼ばれている急登を一気に下る
いざ森の中へ。まずはつるべ落としと呼ばれている急登を一気に下る
足元にはオオバイケイソウ。花が咲いたら綺麗だろうな。
足元にはオオバイケイソウ。花が咲いたら綺麗だろうな。
気持ちよさそうな道が続いている。目指す『蛭ヶ岳』は真ん中奥にちょこんと頭だけ出してる。
気持ちよさそうな道が続いている。目指す『蛭ヶ岳』は真ん中奥にちょこんと頭だけ出してる。
山肌にトウゴクミツバツツジのピンクが映える。
山肌にトウゴクミツバツツジのピンクが映える。
塔ノ岳へ行かないと咲いていないのかなぁ、と思っていたシロヤシオ。蛭ヶ岳への登山道にもバッチリ咲いていた。
塔ノ岳へ行かないと咲いていないのかなぁ、と思っていたシロヤシオ。蛭ヶ岳への登山道にもバッチリ咲いていた。
上って下りて上って下りて『不動ノ峰』までやってきた。
上って下りて上って下りて『不動ノ峰』までやってきた。
アップダウンは多いが階段がきちんと整備されていて歩きやすい。
アップダウンは多いが階段がきちんと整備されていて歩きやすい。
シロヤシオと富士山。
シロヤシオと富士山。
またもやシロヤシオと富士山。
またもやシロヤシオと富士山。
飽きもせずもう一回シロヤシオと富士山。
飽きもせずもう一回シロヤシオと富士山。
足元にはカエル…邪魔してゴメン。
足元にはカエル…邪魔してゴメン。
シロヤシオとトウゴクミツバツツジの競演。
シロヤシオとトウゴクミツバツツジの競演。
『鬼ヶ岩』までやってきた。
『鬼ヶ岩』までやってきた。
ガーッと下って一気に登り返せば山頂だというのがよくわかる。
ガーッと下って一気に登り返せば山頂だというのがよくわかる。
『蛭ヶ岳』への登りも階段が整備されている。
『蛭ヶ岳』への登りも階段が整備されている。
蛭ヶ岳山荘。
蛭ヶ岳山荘。
歩いてきた道を振り返る。
歩いてきた道を振り返る。
丹沢最高峰『蛭ヶ岳』。正面にはもちろん富士山!!
丹沢最高峰『蛭ヶ岳』。正面にはもちろん富士山!!
誰もがこの絶景に足を止める。
誰もがこの絶景に足を止める。
右奥が塔ノ岳。左奥が歩いてきた丹沢山。山頂でゆっくり眺望を楽しむ。
右奥が塔ノ岳。左奥が歩いてきた丹沢山。山頂でゆっくり眺望を楽しむ。
丹沢山への帰路で。シロヤシオとトウゴクミツバツツジの色合いが美しい。自然ってすごいね。
丹沢山への帰路で。シロヤシオとトウゴクミツバツツジの色合いが美しい。自然ってすごいね。
一生懸命登っていたら『鬼ヶ岩』に戻っていた。
一生懸命登っていたら『鬼ヶ岩』に戻っていた。
ちなみにこんな感じ。この山には珍しい岩場です。
ちなみにこんな感じ。この山には珍しい岩場です。
鬼ヶ岩から富士山を眺め一息。。
鬼ヶ岩から富士山を眺め一息。。
今日のベストショット。シロヤシオは小ぶりで清楚でカワイイ。
今日のベストショット。シロヤシオは小ぶりで清楚でカワイイ。
不動ノ峰へ。尾根歩きは気持ちいいが如何せん暑い。
不動ノ峰へ。尾根歩きは気持ちいいが如何せん暑い。
振り返ってもう一度富士山。
振り返ってもう一度富士山。
水場への標識。「水13分」って書いてあるような…
水場への標識。「水13分」って書いてあるような…
アップダウンの途中にあるベンチは絶好の休憩ポイント。
アップダウンの途中にあるベンチは絶好の休憩ポイント。
ミツバオウレン
ミツバオウレン
マムシグサ
マムシグサ
ササ原の中に延びる登山道。
ササ原の中に延びる登山道。
つるべ落としを登り返せば丹沢山はすぐ。
つるべ落としを登り返せば丹沢山はすぐ。
〆はやっぱりコレだね!!最後までくっきり富士山が見えていて。ありがとう富士山!!
〆はやっぱりコレだね!!最後までくっきり富士山が見えていて。ありがとう富士山!!
担ぎ上げた『富士山のおいしい水』と本物の富士山との記念撮影。ボトルも嬉しそう。
担ぎ上げた『富士山のおいしい水』と本物の富士山との記念撮影。ボトルも嬉しそう。
帰りは『大山』の秀麗な山容を見ながらの下りとなる。
帰りは『大山』の秀麗な山容を見ながらの下りとなる。
こちらは高尾山あたりか?
こちらは高尾山あたりか?
昨日はいっぱいいっぱいで景色を楽しむ余裕もなかったガレ場。
昨日はいっぱいいっぱいで景色を楽しむ余裕もなかったガレ場。
今日は1つ1つを楽しみながら歩く。
今日は1つ1つを楽しみながら歩く。
天王寺尾根との分岐の辺りはアセビの群落。アセビも若葉を出している。
天王寺尾根との分岐の辺りはアセビの群落。アセビも若葉を出している。
シカの足跡。
シカの足跡。
この辺りは新緑がまぶしい。
この辺りは新緑がまぶしい。
尾根からまたテンニンソウの林に下っていく。
尾根からまたテンニンソウの林に下っていく。
堰堤にひっかかった大きな石。受験生はあやかるといいかも…
堰堤にひっかかった大きな石。受験生はあやかるといいかも…
堂平登山口に戻ってきた。
堂平登山口に戻ってきた。
雨量観測所。
雨量観測所。
以前はリフトが動いていたようだ。何に使っていたのかな。
以前はリフトが動いていたようだ。何に使っていたのかな。
ニシキウツギ
ニシキウツギ
マルバウツギ
マルバウツギ
苔むした『ほうきすぎばし』。
苔むした『ほうきすぎばし』。
ようやく瀬戸橋へのカーブが。
ようやく瀬戸橋へのカーブが。
おぉっ、車が見えてきた。
おぉっ、車が見えてきた。
長い長い林道歩きもようやく終わり。
長い長い林道歩きもようやく終わり。
今日は駐車場も空いている。<br>「いやぁ〜2日間疲れたけどお天気にも恵まれて、大きな富士山もバッチリで、よかったよかった!!」
今日は駐車場も空いている。
「いやぁ〜2日間疲れたけどお天気にも恵まれて、大きな富士山もバッチリで、よかったよかった!!」
帰り道。真ん中から少し左にふたコブに見える丹沢山と蛭ヶ岳。
帰り道。真ん中から少し左にふたコブに見える丹沢山と蛭ヶ岳。
蛭ヶ岳山頂から富士山とほとんど見えていませんが南アルプス方面。
蛭ヶ岳山頂から富士山とほとんど見えていませんが南アルプス方面。
同じく蛭ヶ岳山頂から丹沢山、塔ノ岳方面。
同じく蛭ヶ岳山頂から丹沢山、塔ノ岳方面。
蛭ヶ岳からの帰り道、不動ノ峰をすぎてから丹沢山、塔ノ岳方面。
蛭ヶ岳からの帰り道、不動ノ峰をすぎてから丹沢山、塔ノ岳方面。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.