高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
だいぼさつれい
大菩薩嶺
山梨県甲州市、波山村
2014年5月31日
大菩薩嶺だいぼさつれい(2056.9m)三等三角点
2014年 5月31日
中央道勝沼ICからブドウ畑を通り抜け国道411号(青梅街道)を進む。
中央道勝沼ICからブドウ畑を通り抜け国道411号(青梅街道)を進む。
裂石の食堂脇にある『大菩薩峠』の看板を辿ると
裂石の食堂脇にある『大菩薩峠』の看板を辿ると
やがて道は林道となり、登山口までの距離がガードレールの上にちょこんと書かれている。
やがて道は林道となり、登山口までの距離がガードレールの上にちょこんと書かれている。
登山口の駐車場はすでに満車。奥にあるキャンプ場の駐車場に誘導された。
登山口の駐車場はすでに満車。奥にあるキャンプ場の駐車場に誘導された。
ここも結構混み合ってきている。
ここも結構混み合ってきている。
登山口の上日川峠に向かう。
登山口の上日川峠に向かう。
『ロッヂ長兵衛』
『ロッヂ長兵衛』
それにしても標識は『大菩薩嶺』じゃなくて『大菩薩峠』。こっちの方がメジャーなんだな。
それにしても標識は『大菩薩嶺』じゃなくて『大菩薩峠』。こっちの方がメジャーなんだな。
唐松尾根から山頂をめざし、大菩薩峠経由で戻ってくる。
唐松尾根から山頂をめざし、大菩薩峠経由で戻ってくる。
この階段から登山道の始まり。
この階段から登山道の始まり。
視線を下にうつすと「ありゃ、車道が…」
視線を下にうつすと「ありゃ、車道が…」
ほどなく『福ちゃん荘』に着く。
ほどなく『福ちゃん荘』に着く。
立派な湯殿もある。
立派な湯殿もある。
全貌。「皇太子ご夫妻ご休憩所」と書かれた看板があった。
全貌。「皇太子ご夫妻ご休憩所」と書かれた看板があった。
もう一度ルートの確認。
もう一度ルートの確認。
こちらが唐松尾根への道。
こちらが唐松尾根への道。
そしてこっちが大菩薩峠への道。
そしてこっちが大菩薩峠への道。
唐松尾根に取りつくと白い可憐なスミレが咲いていた。
唐松尾根に取りつくと白い可憐なスミレが咲いていた。
するといきなりニホンジカの親子が!シカによる食害はどこの山でも問題となっている…可愛いんだけれど複雑だ。
するといきなりニホンジカの親子が!シカによる食害はどこの山でも問題となっている…可愛いんだけれど複雑だ。
休憩するのに丁度いい場所。でも今日は進みます。
休憩するのに丁度いい場所。でも今日は進みます。
やがて視界が開け、振り返ると富士山!!
やがて視界が開け、振り返ると富士山!!
このコースを下れば富士山を見ながらの下山となるが、この日は時間が遅くなるにつれ雲が出てきて富士山は見えなくなったので、登りに選んで正解だった。
このコースを下れば富士山を見ながらの下山となるが、この日は時間が遅くなるにつれ雲が出てきて富士山は見えなくなったので、登りに選んで正解だった。
『雷岩』に近づくと道が崩れてきた。
『雷岩』に近づくと道が崩れてきた。
唐松はどれかな?とか思って登っていくと
唐松はどれかな?とか思って登っていくと
『雷岩』が目の前に。
『雷岩』が目の前に。
山頂はこちら側。
山頂はこちら側。
大菩薩峠へは雷岩を越えていく。
大菩薩峠へは雷岩を越えていく。
まずは山頂へ。
まずは山頂へ。
『東京都水道局』の境界杭。またまた大変なところまでやってきた…
『東京都水道局』の境界杭。またまた大変なところまでやってきた…
もしかして山頂?
もしかして山頂?
もしかしなくても『大菩薩嶺』の山頂です!
もしかしなくても『大菩薩嶺』の山頂です!
山頂にある三等三角点。
山頂にある三等三角点。
丸川峠へ続く道。
丸川峠へ続く道。
さぁ『雷岩』に戻ろう!
さぁ『雷岩』に戻ろう!
「雷岩」からの今日のベストショット。大菩薩湖越の富士山!!
「雷岩」からの今日のベストショット。大菩薩湖越の富士山!!
みんなこの絶景を思い思いに楽しんでいる。
みんなこの絶景を思い思いに楽しんでいる。
では『大菩薩峠』を目指します。
では『大菩薩峠』を目指します。
途中にあった標高2000m地点。
途中にあった標高2000m地点。
稜線にある避難小屋!
稜線にある避難小屋!
親不知の頭から大菩薩峠を見下ろす。
親不知の頭から大菩薩峠を見下ろす。
前回登った雲取山方面。
前回登った雲取山方面。
これから向かう丹沢は残念ながら木の陰で見えません。
これから向かう丹沢は残念ながら木の陰で見えません。
『大菩薩峠』に到着。
『大菩薩峠』に到着。
中里介山の小説で有名な『大菩薩峠』…昔は青梅街道の重要な峠だったようだ。
中里介山の小説で有名な『大菩薩峠』…昔は青梅街道の重要な峠だったようだ。
ここには方位盤もある。
ここには方位盤もある。
介山荘には所狭しと記念グッズが並べられている。
介山荘には所狭しと記念グッズが並べられている。
大菩薩峠休憩舎脇から下山。
大菩薩峠休憩舎脇から下山。
視線を上に移すと「ありゃ、車じゃんけ…てっ!」
視線を上に移すと「ありゃ、車じゃんけ…てっ!」
朝見たあの道、ここに繋がっていたんだ。
朝見たあの道、ここに繋がっていたんだ。
こっちの道は眺望はないがゆっくりとした勾配なので本当にたくさんの人が登っていく。
こっちの道は眺望はないがゆっくりとした勾配なので本当にたくさんの人が登っていく。
トウゴクミツバツツジ。
トウゴクミツバツツジ。
富士見平の脇には清流が流れている。顔を洗って「気持ちいい!」
富士見平の脇には清流が流れている。顔を洗って「気持ちいい!」
で、『福ちゃん荘』に戻ってきた。
で、『福ちゃん荘』に戻ってきた。
ここが車道。
ここが車道。
標識に『大菩薩峠』と書かれてはいますが一般車は通れません。
標識に『大菩薩峠』と書かれてはいますが一般車は通れません。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.