高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
ごりゅうだけ〜からまつだけ
五竜岳〜唐松岳
富山県黒部市、長野県北安曇郡白馬村
2014年9月14日
五 竜 岳ごりゅうだけ(2814m)
2014年 9月14日
小屋の中はこんな感じ。新しくて気持ちがいい!
小屋の中はこんな感じ。新しくて気持ちがいい!
キレット小屋の朝食です。
キレット小屋の朝食です。
ご来光は残念ながら見えませんでしたが雲海とオレンジ色に色づいた東の空。
ご来光は残念ながら見えませんでしたが雲海とオレンジ色に色づいた東の空。
剱岳も夜明けを待っています。
剱岳も夜明けを待っています。
剱岳のモルゲンロ−ト。
剱岳のモルゲンロ−ト。
まさしくここは八峰キレット。そして2日目のスタートです。
まさしくここは八峰キレット。そして2日目のスタートです。
これがキレット小屋です。お世話になりました。それにしても凄いところに建ってます。
これがキレット小屋です。お世話になりました。それにしても凄いところに建ってます。
五竜岳もきれいに見えてます。
五竜岳もきれいに見えてます。
スタートまもなく垂直なハシゴ。
スタートまもなく垂直なハシゴ。
今日は昨日以上に岩場が続く。
今日は昨日以上に岩場が続く。
昨日小屋の壁に貼ってあったアップダウンの絵を思い出した…
昨日小屋の壁に貼ってあったアップダウンの絵を思い出した…
一つピークを上って五竜を眺め
一つピークを上って五竜を眺め
一つピークを下る…
一つピークを下る…
気の抜けない道が次から次へと現れる…
気の抜けない道が次から次へと現れる…
うわっ、突然の富士山!八ヶ岳の横に富士山!必ず足を止めて眺めてくださいね。
うわっ、突然の富士山!八ヶ岳の横に富士山!必ず足を止めて眺めてくださいね。
反対側には朝日に照らされた立山から剱岳への稜線。
反対側には朝日に照らされた立山から剱岳への稜線。
初心者にはかなり厳しい道です。
初心者にはかなり厳しい道です。
雲海に高妻や妙高といった山が浮かんでいます。
雲海に高妻や妙高といった山が浮かんでいます。
昨日は確認できなかった鹿島槍ヶ岳の双耳峰。
昨日は確認できなかった鹿島槍ヶ岳の双耳峰。
南アルプスも見えてきた。もうすぐ富士山は見えなくなりそう…
南アルプスも見えてきた。もうすぐ富士山は見えなくなりそう…
今日の雲海は格別!
今日の雲海は格別!
五竜岳への稜線。見た目以上に厳しい。
五竜岳への稜線。見た目以上に厳しい。
今日もまたまた長野側から早くもガスが湧き出してきました。
今日もまたまた長野側から早くもガスが湧き出してきました。
あそこが口ノ沢のコルだな。
あそこが口ノ沢のコルだな。
ほっと一息つける場所です。
ほっと一息つける場所です。
岩場につけられた目印を頼りに進んでいきます。
岩場につけられた目印を頼りに進んでいきます。
振り返れば鹿島槍。
振り返れば鹿島槍。
日向と陰地で違ったコントラストが楽しめます。
日向と陰地で違ったコントラストが楽しめます。
かろうじて富士山は八ヶ岳と南アルプスの真ん中に見えています。
かろうじて富士山は八ヶ岳と南アルプスの真ん中に見えています。
次なる休憩ポイント北尾根の頭。
次なる休憩ポイント北尾根の頭。
五竜岳少しだけ近づいたような気がしますね。
五竜岳少しだけ近づいたような気がしますね。
立山にまた雲がかかってしまった。
立山にまた雲がかかってしまった。
気を引き締めてまた進みます。
気を引き締めてまた進みます。
細い稜線を大勢の人が行く。
細い稜線を大勢の人が行く。
またまたハシゴ。
またまたハシゴ。
ハシゴの先はガレた細い道。
ハシゴの先はガレた細い道。
ここがG5なのか?
ここがG5なのか?
薬師岳や赤牛岳も見えてきた。
薬師岳や赤牛岳も見えてきた。
岩場を超えないとあそこの歩きやすそうな道にはたどり着けないんだな。
岩場を超えないとあそこの歩きやすそうな道にはたどり着けないんだな。
どこに道は続いていくんだろう。
どこに道は続いていくんだろう。
鹿島槍がずいぶん遠くなってきた。
鹿島槍がずいぶん遠くなってきた。
ひたすら上る。
ひたすら上る。
狭い岩稜上でのすれ違いは必ず安全を確保してから。
狭い岩稜上でのすれ違いは必ず安全を確保してから。
気の抜けない道が容赦なく続く。
気の抜けない道が容赦なく続く。
ガスも出てきて緊張が半端ない。
ガスも出てきて緊張が半端ない。
登りは辛いがどちらかといえば比較的安全。
登りは辛いがどちらかといえば比較的安全。
ここまでがG5だったのか?
ここまでがG5だったのか?
G5だろうがG4だろうがスリリングな道は続きます。
G5だろうがG4だろうがスリリングな道は続きます。
救助ヘリだろうか、直ぐ傍でホバーリングする音が聞こえる。
救助ヘリだろうか、直ぐ傍でホバーリングする音が聞こえる。
青い空にまだ月が残っている。
青い空にまだ月が残っている。
鹿島槍もそろそろ見納めかも…
鹿島槍もそろそろ見納めかも…
救助を終えたヘリが富山の空に消えていく。
救助を終えたヘリが富山の空に消えていく。
超えてきたG5と思われる岩稜。
超えてきたG5と思われる岩稜。
G5を超えてもG4が待ち受けている。
G5を超えてもG4が待ち受けている。
タカネシオガマ
タカネシオガマ
タカネマツムシソウ。大好きな花たちが応援してくれてる。
タカネマツムシソウ。大好きな花たちが応援してくれてる。
よし、がんばるぞ!
よし、がんばるぞ!
カシヤリが本当に遠くなった。
カシヤリが本当に遠くなった。
…ということは間違いなく五竜岳が近くなってきているはず。
…ということは間違いなく五竜岳が近くなってきているはず。
今更キケンと書かれても、これまでも十分危険でした。
今更キケンと書かれても、これまでも十分危険でした。
青空に白い岩稜。
青空に白い岩稜。
ん?もしかして…
ん?もしかして…
後立山縦走路の標柱。遂に稜線に出た。
後立山縦走路の標柱。遂に稜線に出た。
そしてその先には
そしてその先には
五竜岳の頂上!
五竜岳の頂上!
これから向かう五竜山荘方面。
これから向かう五竜山荘方面。
歩いてきたキレット方面。
歩いてきたキレット方面。
最後まで油断しないように歩かないとね。
最後まで油断しないように歩かないとね。
すっかりガスの中に入ってしまった。
すっかりガスの中に入ってしまった。
五竜岳を振り返ります。
五竜岳を振り返ります。
これから向かう五竜山荘方面。五竜岳を目指して五竜山荘側からも本当に沢山の人が登っていく。
これから向かう五竜山荘方面。五竜岳を目指して五竜山荘側からも本当に沢山の人が登っていく。
こちら側にもG2G1があるらしい、きっとこのあたりなんでしょうね。
こちら側にもG2G1があるらしい、きっとこのあたりなんでしょうね。
五竜山荘です!右奥の上りは遠見尾根へのコースです。
五竜山荘です!右奥の上りは遠見尾根へのコースです。
欅平方面かな。
欅平方面かな。
下りてきた五竜岳方面。
下りてきた五竜岳方面。
五竜山荘。昨夜は3畳に10人が寝たとか…1人1枚のお布団が貰えた私たちは幸せだったんだ。
五竜山荘。昨夜は3畳に10人が寝たとか…1人1枚のお布団が貰えた私たちは幸せだったんだ。
しっかりお昼休憩を取って唐松岳を目指します。
しっかりお昼休憩を取って唐松岳を目指します。
ここからしばらくは歩きやすい尾根道。岩場でのタイムロスを少しずつ取り戻していきます。
ここからしばらくは歩きやすい尾根道。岩場でのタイムロスを少しずつ取り戻していきます。
歩いている人も少ないので歩きやすいです。
歩いている人も少ないので歩きやすいです。
大黒岳への上り。
大黒岳への上り。
途中にあった防衛大学の遭難の碑。
途中にあった防衛大学の遭難の碑。
唐松岳が見えてきた。
唐松岳が見えてきた。
ところが唐松岳の手前にも牛首と呼ばれる岩場が。
ところが唐松岳の手前にも牛首と呼ばれる岩場が。
五竜岳の岩場に比べれば難易度は低いが最後まで油断はできません。
五竜岳の岩場に比べれば難易度は低いが最後まで油断はできません。
このあたりも人でいっぱい。
このあたりも人でいっぱい。
最後の岩壁を超えると
最後の岩壁を超えると
唐松岳山頂山荘に到着。
唐松岳山頂山荘に到着。
下山はこの八方分岐から。その前に山頂へ。
下山はこの八方分岐から。その前に山頂へ。
唐松岳は八方尾根をリフトを使って登ってこられるのでやはりどこよりも人が多い。
唐松岳は八方尾根をリフトを使って登ってこられるのでやはりどこよりも人が多い。
季節外れのコマクサ
季節外れのコマクサ
山頂は近い。
山頂は近い。
唐松岳の山頂にも無事立てました。楽しみにしていた不帰ノ嶮や白馬岳は全く見えませんが…
唐松岳の山頂にも無事立てました。楽しみにしていた不帰ノ嶮や白馬岳は全く見えませんが…
二等三角点です。
二等三角点です。
さぁ帰りのリフトの時間が迫っています。ちょっとだけ急ぎます。
さぁ帰りのリフトの時間が迫っています。ちょっとだけ急ぎます。
なんと小屋の宿泊受付に列ができていました。今日も3畳10人、それ以上かも…
なんと小屋の宿泊受付に列ができていました。今日も3畳10人、それ以上かも…
私たちは八方尾根から下山です。
私たちは八方尾根から下山です。
この階段は小屋に泊まっている人がご来光を見るための展望台へ続く階段らしいです。
この階段は小屋に泊まっている人がご来光を見るための展望台へ続く階段らしいです。
途中の丸山ケルンから。見たかった不帰ノ嶮が見えました。やっぱ、すごっ!
途中の丸山ケルンから。見たかった不帰ノ嶮が見えました。やっぱ、すごっ!
白馬岳には残念ながらガスが。
白馬岳には残念ながらガスが。
白馬村かな?
白馬村かな?
丸山ケルン。
丸山ケルン。
もう一度白馬岳。
もう一度白馬岳。
森林限界が終わり、樹林帯に突入。
森林限界が終わり、樹林帯に突入。
タテヤマウツボグサ
タテヤマウツボグサ
八方池が見えてきた!なんとか最終の下りリフトに間に合いそう♪
八方池が見えてきた!なんとか最終の下りリフトに間に合いそう♪
ハクサンシャジン
ハクサンシャジン
お天気が良ければこの八方池に白馬三山が映るらしい。
お天気が良ければこの八方池に白馬三山が映るらしい。
第3ケルンが映っています。
第3ケルンが映っています。
イワショウブが紅く色づき始めたよ。
イワショウブが紅く色づき始めたよ。
ウメバチソウ
ウメバチソウ
下りリフトの最終の時間がせまっているためいつの間にか人がいなくなった…
下りリフトの最終の時間がせまっているためいつの間にか人がいなくなった…
白馬村、待っててね。
白馬村、待っててね。
第2ケルン。
第2ケルン。
大きな石がゴロゴロ。
大きな石がゴロゴロ。
八方山ケルンを過ぎる。
八方山ケルンを過ぎる。
整備された木道とベンチ。初心者でもここなら安心して登ることができますね。
整備された木道とベンチ。初心者でもここなら安心して登ることができますね。
白いホタルブクロ。
白いホタルブクロ。
八方池山荘の赤い屋根が見えてきました。リフトの乗り場ももうすぐです。
八方池山荘の赤い屋根が見えてきました。リフトの乗り場ももうすぐです。
最終午後4時30分、なんとか間に合いました。
最終午後4時30分、なんとか間に合いました。
売店。
売店。
八方池山荘。
八方池山荘。
グラートクワッドリフトからは乗り継いで八方駅へ下りるアルペンクワッドリフトと
グラートクワッドリフトからは乗り継いで八方駅へ下りるアルペンクワッドリフトと
私たちが下りる黒菱リフトがあります。
私たちが下りる黒菱リフトがあります。
急勾配の下りリフト。これも別の意味でスリリング。
急勾配の下りリフト。これも別の意味でスリリング。
無事に黒菱の駐車場に戻ってきました。お疲れ様でした。
無事に黒菱の駐車場に戻ってきました。お疲れ様でした。
日の出前、キレット小屋から剱岳から毛勝三山。
日の出前、キレット小屋から剱岳から毛勝三山。
五竜への稜線の途中から、立山・剱岳・毛勝三山。
五竜への稜線の途中から、立山・剱岳・毛勝三山。
真ん中が欅平方面。左は五竜岳、右は五竜山荘から唐松岳方面。
真ん中が欅平方面。左は五竜岳、右は五竜山荘から唐松岳方面。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.