高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
あかたんやま
赤谷山
富山県上市町、黒部市
2014年10月11日
赤 谷 山あかたんやま(2260.0m)
2014年10月11日
ふるさと眺望点『伊折橋』
ふるさと眺望点『伊折橋』
ここからの剱岳の眺めは確かにいい。
ここからの剱岳の眺めは確かにいい。
幸先いいぞ、とまずは番場島を目指す。
幸先いいぞ、とまずは番場島を目指す。
「中部山岳国立公園 番場島」の標識。
「中部山岳国立公園 番場島」の標識。
剱岳(早月尾根)登山口の手前に『大窓・池の谷・赤谷』と書かれた分岐がある。
剱岳(早月尾根)登山口の手前に『大窓・池の谷・赤谷』と書かれた分岐がある。
曲がってすぐに駐車スペースがある。
曲がってすぐに駐車スペースがある。
以前はこの先堰堤まで車が入れたが現在はここまで。このゲートを越えてしばらくは林道を歩く。
以前はこの先堰堤まで車が入れたが現在はここまで。このゲートを越えてしばらくは林道を歩く。
途中から剱岳が見えている。今日登る赤谷山は剱岳の北方稜線上にある山。どんなスケールの剱岳を見ることができるのだろう?
途中から剱岳が見えている。今日登る赤谷山は剱岳の北方稜線上にある山。どんなスケールの剱岳を見ることができるのだろう?
林道の途中には『スギの巨木』と書かれた標識。残念ながらあまり人が入っていないのか道は荒れていた。
林道の途中には『スギの巨木』と書かれた標識。残念ながらあまり人が入っていないのか道は荒れていた。
ようやく堰堤に着いた。工事中だから一般車は乗り入れできなくなっているようだ。堰堤の脇をまっすぐ進む。
ようやく堰堤に着いた。工事中だから一般車は乗り入れできなくなっているようだ。堰堤の脇をまっすぐ進む。
やがて一回目の渡渉。この道は以前猫又山に登るときにも歩いたが、何回か渡渉があった記憶がある。
やがて一回目の渡渉。この道は以前猫又山に登るときにも歩いたが、何回か渡渉があった記憶がある。
背丈の高い草木の中をゆっくりと進む。
背丈の高い草木の中をゆっくりと進む。
少しずつ木々も紅葉してきている。
少しずつ木々も紅葉してきている。
大きな岩が出てくると
大きな岩が出てくると
岩屋。十分ビバークできそうだ。
岩屋。十分ビバークできそうだ。
戸倉谷出合。猫又山方面が見えている。
戸倉谷出合。猫又山方面が見えている。
振り返ると大日連山も見え始めてきた。
振り返ると大日連山も見え始めてきた。
河原にはまだシモツケが咲いていた。
河原にはまだシモツケが咲いていた。
正面の括れたところがブナクラ峠。
正面の括れたところがブナクラ峠。
渡渉はここが最後。
渡渉はここが最後。
これからますます傾斜がきつくなる。
これからますます傾斜がきつくなる。
紅葉した木の奥にはっきりとブナクラ峠が見えてきた。
紅葉した木の奥にはっきりとブナクラ峠が見えてきた。
足元には大きな熊のフン。鈴は付けているが違った意味で緊張感が走る。
足元には大きな熊のフン。鈴は付けているが違った意味で緊張感が走る。
マユミだろうか?
マユミだろうか?
勾配がきつくなかなか足が上がらない。
勾配がきつくなかなか足が上がらない。
いつの間にか前大日(右)から奥大日岳まで望めるようになっていた。
いつの間にか前大日(右)から奥大日岳まで望めるようになっていた。
ようやくブナクラ峠下の大きな岩がゴロゴロしたところまでやってきた。
ようやくブナクラ峠下の大きな岩がゴロゴロしたところまでやってきた。
もっと岩場が続いていたような記憶だったがそうでもない。
もっと岩場が続いていたような記憶だったがそうでもない。
見下ろせば登ってきたブナクラ谷。
見下ろせば登ってきたブナクラ谷。
岩場が終わると
岩場が終わると
目の前がブナクラ峠だ。
目の前がブナクラ峠だ。
振り返れば大日連山。
振り返れば大日連山。
こちら側は以前上った猫又山方面。
こちら側は以前上った猫又山方面。
そして正面には白馬・唐松・五竜岳といった後立山連峰。
そして正面には白馬・唐松・五竜岳といった後立山連峰。
この大きな岩を越えれば目指す赤谷山が見えてくるはず…
この大きな岩を越えれば目指す赤谷山が見えてくるはず…
遂にどっしりとした赤谷山が見えてきた。
遂にどっしりとした赤谷山が見えてきた。
鹿島槍ヶ岳の頭が見えてきた!
鹿島槍ヶ岳の頭が見えてきた!
赤谷山が近くなってきた。
赤谷山が近くなってきた。
草原のようなところもあれば
草原のようなところもあれば
露岩の美しいところもあり
露岩の美しいところもあり
目を下に移せば紅葉もあり…
目を下に移せば紅葉もあり…
ベニバナイチゴの実。
ベニバナイチゴの実。
このルートで唯一気を付けて通りたいところ。
このルートで唯一気を付けて通りたいところ。
大きな岩の中を縫うようなところもあれば
大きな岩の中を縫うようなところもあれば
藪こぎもかなりある。
藪こぎもかなりある。
山頂はまだか?
山頂はまだか?
このガレ場を過ぎ振り返ると
このガレ場を過ぎ振り返ると
毛勝三山がド迫力で聳えている。
毛勝三山がド迫力で聳えている。
そして後立山の盟主鹿島槍ヶ岳が見えると
そして後立山の盟主鹿島槍ヶ岳が見えると
真正面に圧倒的な存在感で剱岳がそそり立つ。
真正面に圧倒的な存在感で剱岳がそそり立つ。
やったぁ、赤谷山山頂。なだらかに広いので山頂!という感じは正直あまりしないが…
やったぁ、赤谷山山頂。なだらかに広いので山頂!という感じは正直あまりしないが…
もちろん白馬岳〜唐松岳〜五竜岳も見えている。
もちろん白馬岳〜唐松岳〜五竜岳も見えている。
赤谷山と書かれた標識の後ろには剱岳の北壁が。これぞ絶景!
赤谷山と書かれた標識の後ろには剱岳の北壁が。これぞ絶景!
白ハゲ・赤ハゲと大窓を越え、先に尖ったのは池平山
白ハゲ・赤ハゲと大窓を越え、先に尖ったのは池平山
赤谷山の最高点はここだと教えられ展望台のような岩に登ってみると
赤谷山の最高点はここだと教えられ展望台のような岩に登ってみると
先ほどより剱岳が大きい!・・・のは気のせい。。。
先ほどより剱岳が大きい!・・・のは気のせい。。。
大窓のズームアップ。
大窓のズームアップ。
雲の上に連なる大日の山々。
雲の上に連なる大日の山々。
この日の山頂は5人で貸切。こんなにいい景色なのに…もっとたくさんの人に登ってもらいたいなぁ。
この日の山頂は5人で貸切。こんなにいい景色なのに…もっとたくさんの人に登ってもらいたいなぁ。
山頂にはこの時期には珍しくミヤマリンドウが今を盛りと咲いていた。
山頂にはこの時期には珍しくミヤマリンドウが今を盛りと咲いていた。
チングルマの草紅葉と剱岳。
チングルマの草紅葉と剱岳。
チングルマが満開の時期も見事なんだろうな。
チングルマが満開の時期も見事なんだろうな。
剱岳のドアップ。もう登って何年になるだろうか。
剱岳のドアップ。もう登って何年になるだろうか。
静かな中にトロッコの汽笛が響いた。覗き込むと欅平(真ん中の白いところ)が見えた。
静かな中にトロッコの汽笛が響いた。覗き込むと欅平(真ん中の白いところ)が見えた。
帰りは毛勝三山を眺めながらの下り。
帰りは毛勝三山を眺めながらの下り。
所々、こんな素晴らしい紅葉もある。
所々、こんな素晴らしい紅葉もある。
逆猫又もまたいとおかし。
逆猫又もまたいとおかし。
日本海側から雲が湧き上がってきた。
日本海側から雲が湧き上がってきた。
赤谷山を振り返る。
赤谷山を振り返る。
ブナクラ峠まで戻ってきた。
ブナクラ峠まで戻ってきた。
気持ちのいいこの大きな岩の上でゆっくり休憩。いやぁ、いい山だったな。
気持ちのいいこの大きな岩の上でゆっくり休憩。いやぁ、いい山だったな。
今日は一日ガスに邪魔されずに景色が楽しめた。
今日は一日ガスに邪魔されずに景色が楽しめた。
大ブラクラ谷に着くころ上空には厚い雲で覆われていた。
大ブラクラ谷に着くころ上空には厚い雲で覆われていた。
堰堤の今日の工事も丁度終わったところ。お疲れ様でした。
堰堤の今日の工事も丁度終わったところ。お疲れ様でした。
林道の途中にある分岐。登山口へは左の道を進みます。
林道の途中にある分岐。登山口へは左の道を進みます。
ブナクラ峠から。右から五竜岳〜唐松岳・不帰の嶮〜白馬鑓〜白馬岳。
ブナクラ峠から。右から五竜岳〜唐松岳・不帰の嶮〜白馬鑓〜白馬岳。
赤谷山頂から。右から鹿島槍ヶ岳〜五竜岳〜唐松岳・不帰の嶮〜白馬鑓〜白馬岳の後立山連峰の大パノラマ。
赤谷山頂から。右から鹿島槍ヶ岳〜五竜岳〜唐松岳・不帰の嶮〜白馬鑓〜白馬岳の後立山連峰の大パノラマ。
赤谷山頂にて。
赤谷山頂にて。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.