高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
だいせん
大山
鳥取県大山町ほか
2015年4月18日
大   山だいせん
2015年04月18日
平野の真ん中に真っ白に輝く大山が現れる。独立峰だ。
平野の真ん中に真っ白に輝く大山が現れる。独立峰だ。
こちらは蒜山の山々。
こちらは蒜山の山々。
大山は「大山隠岐国立公園」に属している。
大山は「大山隠岐国立公園」に属している。
大山環状道路、新緑がまるで紅葉のよう。
大山環状道路、新緑がまるで紅葉のよう。
駐車場はすでにいっぱい。
駐車場はすでにいっぱい。
「大山夏山登山道」と書かれた標柱が見える。
「大山夏山登山道」と書かれた標柱が見える。
さっそくの分岐はもちろん大山山頂方面へ。
さっそくの分岐はもちろん大山山頂方面へ。
しばらくは大山寺の境内地を行く。
しばらくは大山寺の境内地を行く。
ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ
登山ポストももちろんある。
登山ポストももちろんある。
少しずつ登山道らしくなってきた。
少しずつ登山道らしくなってきた。
大山一合目、ここから山頂まで標識は続く。
大山一合目、ここから山頂まで標識は続く。
「合目」の標識と交互に「m」表記もあり。どちらかでいいような・・・
「合目」の標識と交互に「m」表記もあり。どちらかでいいような・・・
三合目、さっそく残雪が出てきた。
三合目、さっそく残雪が出てきた。
低いところでも結構雪が残っている。
低いところでも結構雪が残っている。
結構上りがキツイ・・・その分高度が上がっていく。
結構上りがキツイ・・・その分高度が上がっていく。
三鈷峰・・・魅力的な山容だ。
三鈷峰・・・魅力的な山容だ。
階段が続く登山道だとは聞いてはいたが足に堪える。
階段が続く登山道だとは聞いてはいたが足に堪える。
五合目には「山ノ神」が祀られている。
五合目には「山ノ神」が祀られている。
行者登山口からの合流点。下山はこちらを行く予定。
行者登山口からの合流点。下山はこちらを行く予定。
振り返ると穏やかな日本海まで見えている。
振り返ると穏やかな日本海まで見えている。
6合目までやってきた。
6合目までやってきた。
6合目には小さいが避難小屋がある。
6合目には小さいが避難小屋がある。
ここからの絶えず崩れている北壁の眺めはなんとも言えない。!
ここからの絶えず崩れている北壁の眺めはなんとも言えない。!
大山の荒々しい北壁を眺め、自然の力の偉大さを思う。
大山の荒々しい北壁を眺め、自然の力の偉大さを思う。
この山は短い距離で標高を上げていくのですぐ足元に町並みが見える。
この山は短い距離で標高を上げていくのですぐ足元に町並みが見える。
少しずつ夏道も出てきているので夏道に入ったり
少しずつ夏道も出てきているので夏道に入ったり
残雪上を通ったり・・・
残雪上を通ったり・・・
疲れがMAXに達する頃、ふと目を上にやると
疲れがMAXに達する頃、ふと目を上にやると
楽しみにしていたダイセンキャラボクだ!
楽しみにしていたダイセンキャラボクだ!
枯れ木の中にダイセンキャラボクだけが青々と茂っている様は異様だが。
枯れ木の中にダイセンキャラボクだけが青々と茂っている様は異様だが。
山頂がかなり近づいてきた。
山頂がかなり近づいてきた。
8合目。
8合目。
春の山陰の大地が美しい。
春の山陰の大地が美しい。
いよいよ山頂は間近。
いよいよ山頂は間近。
ここから山頂まで残り100mはゆっくりと登っていく。
ここから山頂まで残り100mはゆっくりと登っていく。
山頂部に広がるダイセンキャラボクの純林。ちなみに純林とは、一種類の樹木だけからなる森林のこと。
山頂部に広がるダイセンキャラボクの純林。ちなみに純林とは、一種類の樹木だけからなる森林のこと。
山頂部には木道が敷かれ、ぐるりと周回できるようになっている。
山頂部には木道が敷かれ、ぐるりと周回できるようになっている。
山頂部にも雪はたっぷりと残っている。
山頂部にも雪はたっぷりと残っている。
9合目まで来ると山頂の標識が見える。
9合目まで来ると山頂の標識が見える。
青空が広がって気持ちいい。
青空が広がって気持ちいい。
山頂直下にある頂上小屋。
山頂直下にある頂上小屋。
中は結構広く小ぎれいだ。
中は結構広く小ぎれいだ。
崩壊が進む大山では「一木一石運動」が行われている。
崩壊が進む大山では「一木一石運動」が行われている。
1710.6m 大山頂上。
1710.6m 大山頂上。
三角点はこの先にあるが崩壊のため立ち入り禁止。標柱は見えている。
三角点はこの先にあるが崩壊のため立ち入り禁止。標柱は見えている。
大山は絶えず崩れている、やがては登山もできなくなるのでは・・・
大山は絶えず崩れている、やがては登山もできなくなるのでは・・・
シンプルな方位盤。
シンプルな方位盤。
上空をカラフルなFDA機が飛んでいく。
上空をカラフルなFDA機が飛んでいく。
下山はゆっくりぐるっと山頂部を散策してから行こう。
下山はゆっくりぐるっと山頂部を散策してから行こう。
岩室。
岩室。
たっぷりの残雪があるが平坦なので返って楽しく歩ける。
たっぷりの残雪があるが平坦なので返って楽しく歩ける。
夏山登山道に戻ってきた。
夏山登山道に戻ってきた。
帰りは予定通り行者登山口へ。多少急だと聞いたので慎重に行こう。
帰りは予定通り行者登山口へ。多少急だと聞いたので慎重に行こう。
こちらの登山道もやはり階段だ。
こちらの登山道もやはり階段だ。
やはりこちらも残雪がある。
やはりこちらも残雪がある。
標識が顔を出しているのでそこを目指す。
標識が顔を出しているのでそこを目指す。
元谷まで下りてきた。
元谷まで下りてきた。
元谷避難小屋。
元谷避難小屋。
北壁を見上げる。カラカラと石が崩れ落ちる音が響いている。
北壁を見上げる。カラカラと石が崩れ落ちる音が響いている。
よく見ると石にマーキングがなされている。
よく見ると石にマーキングがなされている。
砂すべりコースは危険なので通行しない方がいい。
砂すべりコースは危険なので通行しない方がいい。
これから大山寺を目指す。
これから大山寺を目指す。
木道がある。山頂で出会った人が言っていたが秋の紅葉は見事らしい。
木道がある。山頂で出会った人が言っていたが秋の紅葉は見事らしい。
ユートピア避難小屋への道。人気のコースらしい。
ユートピア避難小屋への道。人気のコースらしい。
大神山神社が見えてきた。
大神山神社が見えてきた。
大神山神社奥宮。
大神山神社奥宮。
石畳の参道が続く。
石畳の参道が続く。
途中で大山寺へルートを取る。
途中で大山寺へルートを取る。
大山寺。
大山寺。
大山寺の門前町。
大山寺の門前町。
立派なモンベルがあるのでちょっとしたものはここで揃いそうです。
立派なモンベルがあるのでちょっとしたものはここで揃いそうです。
弓浜半島が見えている。
弓浜半島が見えている。
駐車場に戻ってきた。さすがに車は少なくなっている。
駐車場に戻ってきた。さすがに車は少なくなっている。
もう一度伯耆富士大山を振り返る。
もう一度伯耆富士大山を振り返る。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.