高画質な航空写真、動画を撮影 鳥瞰写真撮影・オルソ画像・3次元データ作成 株式会社テクノマップ
株式会社 テクノマップ
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
いぶきやま
伊吹山
滋賀県米原市
2015年8月22日
伊 吹 山いぶきやま(1,377.33m)一等三角点
2015年08月22日
以前、「伊吹山ドライブウェイ」で登ったことのある伊吹山を今回は登山口から登る。
以前、「伊吹山ドライブウェイ」で登ったことのある伊吹山を今回は登山口から登る。
もともとはスキー場の民宿街だったよう。民家の庭先駐車場に駐車させていただきスタート。
もともとはスキー場の民宿街だったよう。民家の庭先駐車場に駐車させていただきスタート。
登山口の標識。
登山口の標識。
登山口は三ノ宮神社の前を過ぎたところ。
登山口は三ノ宮神社の前を過ぎたところ。
強制ではないが入山協力金を収めスタートです。
強制ではないが入山協力金を収めスタートです。
なんか観光地化しすぎてない?
なんか観光地化しすぎてない?
この看板に寄れば山頂まではほぼ真っ直ぐに登山道は延びているようだ。
この看板に寄れば山頂まではほぼ真っ直ぐに登山道は延びているようだ。
タクシー利用であればこの林道で3合目まで連れて行ってもらえます。
タクシー利用であればこの林道で3合目まで連れて行ってもらえます。
ここが登山道の始まり。
ここが登山道の始まり。
まずは階段を上っていく。
まずは階段を上っていく。
うっそうとした林の中を一合目まで歩く。
うっそうとした林の中を一合目まで歩く。
1合目のすぐ手前にある「ひろきち地蔵」。
1合目のすぐ手前にある「ひろきち地蔵」。
1合目からはスキー場のゲレンデを進む。
1合目からはスキー場のゲレンデを進む。
ここにも民宿とトイレなどが完備されている。
ここにも民宿とトイレなどが完備されている。
民宿「伊吹高原荘」。
民宿「伊吹高原荘」。
それでは高原気分を楽しみましょう!
それでは高原気分を楽しみましょう!
振り返るとどんよりしているが米原方面が見えている。
振り返るとどんよりしているが米原方面が見えている。
この奥には「白山神社」が鎮座する。
この奥には「白山神社」が鎮座する。
2合目。
2合目。
雨が降り出しそうな予感…
雨が降り出しそうな予感…
この辺りに咲く花を表示した看板。
この辺りに咲く花を表示した看板。
3合目。
3合目。
3合目には休憩所と綺麗なトイレがある。雨が降ってきたのでレインウェアを着用。
3合目には休憩所と綺麗なトイレがある。雨が降ってきたのでレインウェアを着用。
鮮やかな色のヒオウギ。
鮮やかな色のヒオウギ。
ハクサンフウロかな?
ハクサンフウロかな?
伊吹山は花の種類が多いことで有名。植生保護をしている。
伊吹山は花の種類が多いことで有名。植生保護をしている。
あっという間の4合目。
あっという間の4合目。
少しだけがれた場所を通過。
少しだけがれた場所を通過。
自動販売機のある山小屋が見えると
自動販売機のある山小屋が見えると
5合目。
5合目。
この辺りから「上8下7」と書かれた石が出てくる。「合目」とは若干違っている…なに?
この辺りから「上8下7」と書かれた石が出てくる。「合目」とは若干違っている…なに?
小さな避難小屋。この辺りから道は九十九折になり登山道らしくなってくる。
小さな避難小屋。この辺りから道は九十九折になり登山道らしくなってくる。
またまた出てきた「上10下9」。
またまた出てきた「上10下9」。
で、ようやく6合目。
で、ようやく6合目。
急ではないがゴロゴロした石が何となく歩きにくく思う。
急ではないがゴロゴロした石が何となく歩きにくく思う。
クサフジ
クサフジ
7合目までやってきた。
7合目までやってきた。
雨はやみ、青空も見え隠れ。
雨はやみ、青空も見え隠れ。
お天気が良ければ「行導岩」が見えるらしい。
お天気が良ければ「行導岩」が見えるらしい。
下界が随分見えるようになってきた。山頂からの眺望に期待。
下界が随分見えるようになってきた。山頂からの眺望に期待。
8合目。
8合目。
ヤマガラシ?
ヤマガラシ?
道は変わらずおんなじような勾配で登っていく。
道は変わらずおんなじような勾配で登っていく。
カワラナゲシコ
カワラナゲシコ
危なっかしく引っかかっているような岩が見えてきた。
危なっかしく引っかかっているような岩が見えてきた。
「手掛岩」という伝説のある岩らしい。この辺りは急登。
「手掛岩」という伝説のある岩らしい。この辺りは急登。
いよいよ岩が大きくなり、勾配も緩くなってきた。
いよいよ岩が大きくなり、勾配も緩くなってきた。
ドライブウェイからの道と合流すると山頂は近い。
ドライブウェイからの道と合流すると山頂は近い。
山頂部には遊歩道のような道が何本もある。
山頂部には遊歩道のような道が何本もある。
ルリトラノオ
ルリトラノオ
サラシナショウマ
サラシナショウマ
ツリガネニンジン
ツリガネニンジン
お花畑の先には山頂が。
お花畑の先には山頂が。
「ウミユリ」の化石が出迎えてくれる。
「ウミユリ」の化石が出迎えてくれる。
「ウミユリ」って花ではなく棘皮動物の一群なんだとか…
「ウミユリ」って花ではなく棘皮動物の一群なんだとか…
説明書きまであるが、この日の山頂は風が強く寒い。
説明書きまであるが、この日の山頂は風が強く寒い。
「伊吹山寺」。冬季は閉鎖される。
「伊吹山寺」。冬季は閉鎖される。
御朱印もいただけます。
御朱印もいただけます。
シロサイ。
シロサイ。
こちらにも伝説があるようです。
こちらにも伝説があるようです。
決して良いお天気とは言えないが、それでも山頂には結構人がいる。
決して良いお天気とは言えないが、それでも山頂には結構人がいる。
山頂は広い。
山頂は広い。
お花畑もあり、「伊吹山ドライブウェイ」を利用すれば20分弱で簡単に山頂に立つことが出来る。
お花畑もあり、「伊吹山ドライブウェイ」を利用すれば20分弱で簡単に山頂に立つことが出来る。
日本武尊の像。
日本武尊の像。
そして山頂を示す標識。
そして山頂を示す標識。
びわこ国体の採火地の碑。
びわこ国体の採火地の碑。
弥勒堂。
弥勒堂。
歴史のある場所なんですね。
歴史のある場所なんですね。
もちろん三角点もあります。
もちろん三角点もあります。
一等三角点。こんない詳しい説明がされている山はなかなかない。
一等三角点。こんない詳しい説明がされている山はなかなかない。
山頂標識からは若干離れたところに埋設されてる。
山頂標識からは若干離れたところに埋設されてる。
山頂の東の端に位置する。
山頂の東の端に位置する。
変わった方位盤があるが今回はその絶景を確かめることが出来ない。
変わった方位盤があるが今回はその絶景を確かめることが出来ない。
山頂には何軒もの売店が立っている。
山頂には何軒もの売店が立っている。
お天気が良くないので少し下ったところで休憩しよう。
お天気が良くないので少し下ったところで休憩しよう。
寒くても虫は仕事を休まない。
寒くても虫は仕事を休まない。
駐車場からの分岐を過ぎると展望が良くなるのでここで休憩。
駐車場からの分岐を過ぎると展望が良くなるのでここで休憩。
休憩をしているうちにだんだんお天気が良くなり琵琶湖も見えだした。
休憩をしているうちにだんだんお天気が良くなり琵琶湖も見えだした。
5合目まで下りてきた。
5合目まで下りてきた。
振り返って下ってきた道を見る。
振り返って下ってきた道を見る。
3合目。
3合目。
登山道は左です。
登山道は左です。
「1合目便所」はとってもきれい。
「1合目便所」はとってもきれい。
上り始めてすぐに立派な石灯籠がある。
上り始めてすぐに立派な石灯籠がある。
登山口に戻ってくると「おつかれさまでした」の標柱。
登山口に戻ってくると「おつかれさまでした」の標柱。
ここにも心憎い演出。
ここにも心憎い演出。
帰り道に「道の駅 伊吹の里」から。
帰り道に「道の駅 伊吹の里」から。
株式会社 テクノマップ TEL 076-251-2848 FAX 076-252-4867
〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目93番地
© 2017 TECHNO MAP All Rights Reserved.